情報箱

表示 10 の 14 アイテム

アマゾン大橋

アマゾン大橋

アマゾン河合流点 (Encotro das Águas)

アマゾン観光のハイライトのひとつ。マナウスから下流に約10kmの地点で、ネグロ川 Rio Negroとソリモインス川 Rio Solimõesが合流している。両者の河川水が混じり合わず、そこから約6kmほどを下る間、はっきりと境界を認めることができる。おもな原因は両者の比重と流速の違いで、季節にもよるが、ネグロ川が水温22度、流速毎時3~4km。一方のソリモインス川が水温22度、流速毎時7~8kmほど。ソリモインス川が黄土色であるのに比べ、ネグロ川はコロンビアの高原に水源を持ち、イガポーと呼ばれ

アドウフォ・リスボア市場 (Mercado Municipal Adolpho Lisboa)

マナウス市営市場 メルカード・アドウフォ・リスボア

Mercado Municipal Adolpho Lisboa

マナウス港に隣接した市営市場。1882年に開設、このタイプの建物の中にある市場としてブラジルでは2番目に古い。最も古い部分は中央パビリオンで、美しいステンドグラスで飾られた2階建て、鉄柱で造られたこの市場はパリのLes Halesのスタイル調。アマゾン独特の薬草なども売られている。2015年に全面手直し修正され、化粧直しをして一段ときれいになった。

Rua dos Bares, 46 Centro

月曜日~土曜日 05:00~18;00

魚市場はできるだけ朝早く行くと、多くの仲買人とお客でにぎやかである。土曜日も午前中がおすすめ。

アマゾナス劇場 (Teatro Amazonas)

アマゾナス劇場

ラテン・アメリカにある最も豪華な劇場の一つであり、ゴム景気の華やかなりし当時を代表する記念碑。

この劇場は建設に17年の歳月を要し、1896年に落成式が行われた後も内装に更に3年を費やしている。舞台を飾る幕はクリスピン・ド・アマラル画伯の手によってパリで描かれた。

天井の中央にはバラの花をデザインした華やかな銅製のシャンデリア、天井にはパリのエフェル塔が描かれている。舞台は間口30m、奥行き15、周囲にはカルロス・ゴメスへの敬意の表明の他、戯曲、悲劇、音楽を表す芸術家の偶像によって囲まれている。

貴賓大広間には、この土地を代表する趣旨により、ジェゼ・アレンカール戯曲「オ・グァラニー」を描いたドメニコ・デ・アンジェルスの絵画で四方を囲まれている。

正面玄関は全てイタリアのヴェローナから取り寄せられた大理石で造られ、床は輸入木材とパウブラジルで造られているが、これもまたアンジェルスの装飾によるものである。

会場正面玄関の天井は、石膏の浮き彫り細工で覆われ、全部で13基ある燭台はイタリアのムラメより輸入された。

劇場の丸い屋根は、フランスのアルザスより取り寄せた色ガラス状の瓦でブラジルの国旗をデザインして造られている。

アマゾナス劇場

19世紀後半、一大ゴムブームの景気であり余る財を手にしたヨーロッパからの移住者達は、ジャングルの中に建設したマナウスに、ヨーロッパと同じ生活水準を求めはじめた。その象徴といえるのが、1896年に建てられたイタリア・ルネッサンス様式のオペラハウス、アマゾナス劇場だ。ドーム屋根のタイルをはじめ建築材はすべてヨーロッパから輸入したもので、内部もイタリア大理石の階段、オーストリア製のイスなど、目を見張る調度品ばかりだ。

熱狂ボイ・ブンバ

アマゾナス州パレンチンス市の奇祭「ボイ・ブンバ(牛祭り)」。その熱い夜は毎年6月最終金曜日、土曜日、日曜日と、収容人数3万5千人のブンボードロモを会場に3日間、夜8時から繰り広げられる。今年2010年は第45回となる。

ポロロッカ

ポロロッカを見るため、朝4時起床、単発セスナ機で5時に出発。40分ほど河口に向かい、近くのファゼンダに降り、ポロロッカの発生を待つ。

ポロロッカ

パラー州ベレンから、ジェット機に乗り45分でマカパーへ。
ポロロッカを見るため、朝4時起床、単発セスナ機で5時に出発。40分ほど河口に向かい、近くのファゼンダに降り、ポロロッカの発生を待つ。

アマゾン河の岸辺でボイ・ブンバを見ながら夕食

Na calçadão da ponta negra, há lanchonete que oferece varios pratos com show de Boi Bumba bem na beira do Rio Amazônas (Rio Negro) chamado "Laranjinha".
Quem esta hospedado no Hotel Tropical, podem chegar a pé sem preocupar a segurança, local de carçadão é bem seguro e tranquilo.

赤道ー本当に赤い線があるのか?

赤道でどんな所かな?
マナウスに住んでいれば、赤道の赤い線を跨いでみることも可能です。

ページ

言語

Brasil

Japão

連絡先

www.samicultura.com.br

携帯: 55 92 98108-3535
E-メール: hisashi_umetsu1948@yahoo.co.jp
Go to top